家具総合卸商社|北海道家具|オリジナル家具|北日本最大規模のショールームを持つ家具インテリアの札幌ファニシング株式会社

インターリバックスPI-02 刺しゅうされた革張りソファ ※廃番

※廃番となりました。

2013.10月

表情の豊かさは布張り以上

のっぺりとして無表情になりがちな革張りソファに、新たなキルティング技術と刺繍を施すことにより、 立体感とエレガンス性がもたらされた、新しいタイプのソファです。

インターリバックスPI-02 インターリバックスPI-02アップ

2人掛けワイド23  W230×D96×H80×SH43
2人掛けワイド18  W180×D96×H80×SH43

独自の縫製技術と刺繍

熟練した職人でしかできない独自の縫製技術。光沢のある布地をはさんで縫い合わせた手の込んだ細工で縫製。
また、革に刺繍を施すという斬新な発想。曲線と立体感を生み出し、革張りソファの新たな可能性を導き出しました。

美と芸術の融合

見て楽しむ、所有することの満足感を堪能できる美しさは、家具という家財の枠を飛越しています。
デザインは、natuzziのデザインも手がけるイタリア在住の波多野義晴氏。
波多野氏経歴:1972年ヨーロッパへ渡る。1985年ナツッジとの仕事を開始。1989年ハタノデザインスタジオを開設

やや柔らかめの掛け心地

弾力性の高いSバネ構造で柔らかめの座り心地に仕上げました。 やや低めの背もたれながら座面の沈み込みと混合羽毛クッションの背もたれでホールド感があり、体を優しく包み込むような座り心地です。

※お電話による販売価格のお問い合わせには応じかねますのであらかじめご了承下さい。
※予告無く展示が変わる場合がございます。あらかじめご了承下さい。



※過去の情報です。予告なく廃番、取扱い中止、価格・仕様変更などがある場合がありますので、予めご了承ください。

このページの先頭へホームページトップへ